FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄毛・発毛に革命

唐辛子の成分であるカプサイシンは、脂肪を燃焼させる効果があるのでダイエット食品に多くつかれています。また、血行を促進するので肩こりや冷え性にも有効だとされています。頭皮の血行促進にも有効だろうと研究していたところ、カプサイシンとイソフラボンを同時摂取することにより、80%の高確率で薄毛の人に改善傾向が見られました。

実際に薄毛や円形脱毛症の人31人に5カ月間、1日カプサイシン6ミリグラム、イソフラボン75ミリグラムを摂取してもらったところ、20人に育毛効果が認められた。実験とは別に12歳の重症円形脱毛症の少年が摂取すると、はっきりと効果が表れた・・・・(東京新聞2007年5月20日:唐辛子と大豆で育毛効果 名古屋市立大教授ら実証 より)

カプサイシンとイソフラボンを同時摂取することにより、IGF-1(インシュリン様成長因子1)という物質が作られます。IGF-1は細胞の成長を促進し健康の維持に重要な役割を果たしています。成長ホルモンの分泌に応じて生産され、ほとんどすべての人体組織に存在します。このIGF-1には、髪の成長がストップした場合でも、毛乳頭に働きかけ再び活性化する働きがあるとわかりました。

そのため、「唐辛子(カプサイシン)」と「大豆(イソフラボン)」の組み合わせには育毛効果が期待できるのです。岡嶋教授は、その研究結果を元に「育毛・発毛サプリメント」を開発しました。


お求めはこちらから

スポンサーサイト

テーマ : ヘアケア - ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : 薄毛 発毛 ダブルインパクト 唐辛子 カプサイシン 大豆 イソフラボン

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。